餃子と食べる東洋医学

News

新着情報

もっとみる
気・血・水について

東洋医学の考えでは、カラダは「気(き)」・「血(けつ)」・「水(すい)」の3つの構成要素で支えられていると考えます。
この3つの構成要素のバランスが悪いと私たちのカラダには、さまざまなトラブルが出やすくなると考えられています。
症状の紹介と体質改善法として、生活習慣に関するアドバイスとおすすめの食べ物を紹介します。体調を改善することで、元気なカラダを目指していきましょう。

Products

商品紹介

餃子×東洋医学

未病改善には食の見直しも必要です。食事でできる未病対策として、餃子はおすすめです。
未病改善は食事から。あなたの未病にあった食生活を心がけてみましょう。
※症状改善には個人差があります。

餃子の東洋医学的効能をみる
  • しょうが餃子

    しょうが餃子

    温活で体ぽっかぽか!
    皮を薄くしパリパリ食感の薄皮餃子。
    しょうがには胃を温めて食欲を増進し、血行を良くする効果があります。

  • にら餃子

    にら餃子

    巡り良くパワ〜全開!
    ニラは血行を良くするので、肩こりや瘀血(おけつ)改善にお勧め。血の巡りを良くすると言われています。

  • 肉餃子

    肉餃子

    温補で体じんわ~り!
    薄皮で豚肉を感じる餃子です。
    豚肉は、体に潤いを与えのどの乾燥に良いとされています。

  • 五色のまる餃子

    五色のまる餃子

    五行でバランスよくデトックス!
    色・味・香りが揃うと五官(目・耳・鼻・舌・皮膚)を刺激して幸福感をもたらします。
    五行でバランス良く。

もっとみる

食事と五行論

漢方の基本となる考え方に「五行説」があります。これは万物を木・火・土・金・水の5つの要素に分類し、それらの関係を説いた理論です。この5つは、お互いに助け合い(相生)抑制したり(相剋)して絶妙のバランスを保っています。
五行説から自分のタイプ(体質)がわかれば、悪い生活習慣を続けていけばどのような病気になるかが把握でき、予防対策をたてられるのです。

詳しくみる
食事と五行論